バッグの持ち手とは?

バッグにはそれぞれパーツとなる部分があり、その中でも特に重要なポイントとなっているのが持ち手です。これは簡単に言うと、バッグを持つ時に掴むところだと思ってください。持ち手は毎回人の手に触れることで、より古くなってしまうことが多いです。また、肩にかけたり、腕にかけたりすることで擦れ、より劣化しやすくなります。つまり、長くバッグを使っていきたいという方は、この持ち手の部分を綺麗に保っておくことが必要です。雑に扱えば扱うほど、バッグの持ち手は壊れやすくなってしまいます。

場合によっては、専門業者を使うまでもなく壊れてしまうこともありますが、ちょっと古くなっているくらいであれば交換して使えます。もちろん、完全に壊れてしまった場合も持ち手を交換すれば再び使えるようになることもあるでしょう。持ち手に関しては、他の部分よりも劣化しやすいことを自覚し、普段から使う時に気を付けておきましょう。そうすれば、より長持ちさせることが可能です。

間違っても雑に扱うことのないように、大切なバグを守っていきましょう。そうすれば、バッグが長持ちするのはもちろん、劣化することも抑えられます。もちろん、単純に使っている年月が長くなれば、持ち手も劣化しやすくなるので注意しましょう。